Analytics

アナリティクスコンサルティング

実績あるデータ分析と企業の休眠データを活用して、
企業の課題を解決するプロフェッショナルパートナー

お客様の特定のビジネス課題を解決するために、データ分析及び機械学習モデルの構築を支援することで、アナリティクスを基礎としたコンサルティングを提供しております。企業課題、業界、構築モデルごとにセカンドサイトの提供するアナリティクスコンサルティングの取組事例を紹介します。

課題 需要予測・プライシングの高度化 職人技術・ノウハウの伝承 業務量削減
業界 製造・その他
解析テーマ テーブルデータ解析 自然言語処理

バイオプラントでのガス発生の安定化と業務効率化を目的とし、職人と学者の知識・ノウハウも取り込んだバイオガス発生量最適化AIを構築した事例。

担当者(職人)が日々、「ガス発生量」が目標値になるように「m-アルカリ」や「ph」等の指標を見ながら、生ごみや製品廃棄物や製造残さ等を投入・管理している。そのような各種指標や受入・投入データ、バイオプラントデータ、各種ルール・制約条件、担当者ノウハウからバイオガス発生量最適化モデルを構築し、ガス発生の安定化、業務効率化、職人技術・ノウハウ伝承を図る事例

課題 職人技術・ノウハウの伝承 業務量削減
業界 製造・その他
解析テーマ 画像/映像解析

高解像度X線映像解析AIを活用。 医師が行う医療行為をサポートして重大な問題を避ける支援システムの構築を行った実証実験事例。

重症患者では呼吸維持のため、気管チューブをはじめとする様々な生命維持のための器具が装着されている。また、医師がX線動態データを確認するのは、肺や心臓の位置を確認する等の他の目的と併せて行うことが多く、気管チューブの位置等の観察優先度は下がる傾向にある。仮にこれらの器具の位置異常が見過ごされれば、重大な結果をもたらすことになり、その危険性が兼ねてより問題視されていた。そこで今回「SXCV-Engine(映像高速処理AIエンジン)」を導入し、4KのX線動態データを5G技術で遠隔のAIエンジンへ伝送・解析することで、各器具の適切な位置をリアルタイムで検知・注意喚起可能なことを実証した。

課題 AIリテラシーの向上
業界 官公庁
解析テーマ テーブルデータ解析 分析全般支援 その他

日本政府機関におけるAI利活用を推進する上で、障害となる要因について調査した事例

政府機関のAI導入・活用に障害となっている要因の抽出を行い、AI利活用のガイドライン策定を行うことを目的とした施策。各官庁に対しアンケートを実施し、現状のAI導入状況を可視化するとともに、AI導入に課題を抱えている組織を選定・ヒアリングを実施し、各組織の課題を特定した。今後、ガイドライン策定に向け、引き続き支援を行っていく想定。

課題 AIリテラシーの向上
業界 官公庁
解析テーマ その他

日本政府職員が、AIリテラシーについて学ぶことができるeラーニングコンテンツを作成した事例

令和元年6月に統合イノベーション戦略推進会議で決定された「AI戦略2019」に即し、国外に比して遅れている政府機関におけるAI活用を促進するため、政府機関職員へのリテラシー教育プログラムを作成した。検討に当たっては、「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度検討会議」の有識者を含む、学術研究機関に在籍する教授陣にヒアリングを実施し、コンテンツの網羅性と妥当性の監修を受けた。今後、政府職員へ展開される予定。

課題 職人技術・ノウハウの伝承 業務量削減
業界 金融・決済
解析テーマ テーブルデータ解析 自然言語処理

公表されたM&Aデータや金融機関の保有するデータ&ノウハウを用いた、M&Aマッチングを自動効率化した事例。

M&A候補先リスト作成においては、いろいろな情報ソースを手作業で集め、担当者の経験・ノウハウ・カンに頼ってリスト化している状況です。 公表されたM&Aデータや金融機関の保有するデータ&ノウハウなどから、買手視点の相性や売手視点の相性も算出し、買収する可能性(M&A成立スコア)と、その買収が良い買収となる可能性(M&A成功スコア)を算出するAIと類似M&A過去事例を抽出する仕組みを構築し、M&A業務の効率性(スピード)や網羅性(経験に頼らない)を高めることが可能になりました

27 件
TOP